海外旅行保険付きクレジットカードって使えるの?

海外旅行には、トラブルがつきものです。万が一に備え、必ず保険に入っておく必要があります。せっかく行くなら、最高の旅行にしたいですよね。その為には、準備が大切です。万が一に備え必要なのが、海外旅行保険です。海外では、日本と勝手が違い事故にケガや病気に遭うリスクも高まります。クレジットカードには、海外旅行付帯のものがあります。これを機会に加入しましょう。

補償一覧

海外旅行保険付帯のクレジットカードでは、下記の5つの点を通常保障してくれます。
1.傷害死亡・後遺障害・・・何かしらの事故で死亡や後遺症が残ったとき
2.傷害・疾病治療費用・・・ケガ・病気の治療費が掛かったとき
3.賠償責任費用・・・他の人の物を壊してしまったとき
4.携行品損害費用・・・盗難や物を壊されたとき
5.救援者費用・・・ ヘリなどの運搬費用、家族友人に助けに来て貰ったとき

自動付帯と利用付帯

海外旅行保険付帯のクレジットカードには、自動付帯と利用付帯の2種類があります。自動付帯というのは、ただ持っているだけで保険の効力が発生します。利用付帯というのは、旅行の一部の費用を支払いして初めてその効力が発生するものです。せっかくカードを作るなら、自動付帯のカードが良いですよね。

カードは複数枚

できれば、カードは複数枚持ちましょう。複数枚持つと、補償額が合算できるのです。「傷害治療・疾病治療保険金」に関して、それぞれのカードにある補償金額を足し算した結果が補償額となるのです。「個人賠償責任」、「携行品損害」、「救援者費用保険金」に関しても同様です。複数のクレジットカードを持つしかないですよね。ただし、「死亡・後遺障害保険金」だけは保険金の合算ができないのです。このようなケースは、保険金額の高い方のクレジットカード会社に連絡し請求して下さい。

まとめ

上記のことが詳細に書かれている「海外旅行保険付きクレジットカード徹底比較します。」でチェックしてみましょう。